立ち仕事の人におすすめの下半身ダイエット法

立ち仕事をしていると、どうしても足がむくんでしまい、下半身が太りやすくなってしまいます。アパレルや飲食店などの接客業は、休憩時間まで立っぱなしということも少なくなく、血液がどんどん下に下がり、足がうっ血してむくみを引き起こしてしまいます。そんな立ち仕事をする人におすすめの下半身ダイエット法とは、どんなものがあるのでしょう。
一番手軽に行える方法としては、立ち仕事中に行うエクササイズです。
一つ目は、左足をまげて重心をかけ、両手を左足の膝にのせて、右足をべったりと床につけたまま、さらに重心をかけます。そのままの姿勢を10秒保ったら、反対側の足で同じ動きを行います。血の巡りが良くなり、下半身に老廃物が溜まりにくい体作りが行えます。
二つ目は、足を肩幅に開き、かかとを上げ下げします。かかとを上げる時に息を吸い、下げる時に吐き出すという呼吸法も大切です。ヒップアップ効果があり、続けることによってキュッと引き締まった小尻を手に入れることができます。
このように、とても簡単なエクササイズなので、立ち仕事の待機時間に行えます。これらのエクササイズと共に、食事のバランスや生活習慣の見直しを行うと、より効果的なダイエットが実現できます。

    中年太り ダイエット