痛みを伴う足のむくみの症状の特徴や対策方法

足のむくみは主に水分や血液の運搬効率が低下した際に起こる症状の一種で、個人差はあるもののふくらはぎの張りに加えて痛みやだるさなどを伴うパターンが考えられます。
男性よりも筋力の弱い女性に多く見られ、足から心臓へ水分や血液を送るポンプの役割が弱まる事で発症へ繋がるとされています。

足のむくみは血管やリンパ管の流れが関連している症状である為、同じ姿勢を長く続けていると老廃物が停滞を起こす事でセルライトが生成されてしまい、放置しておいた場合ダイエットの弊害となる状況が想定されます。
よって、可能な限り早い段階で対策が必要となってきますが、足のむくみに対する対策方法はほとんどが身体の内側から解消する手法となります。
まず、血流改善の目的で塩分の少ない食事を心がけておき、寝るときには足を高い位置にする事で足に停滞している血液やリンパ液を上半身へ戻す効果が期待できます。
ただし、多くの場合これだけでは根本的な改善に繋がらないので日常的なマッサージや運動に加え、冷え性の治療を行う選択も重要となってきます。
足のむくみにおいて、痛みが長期化している際は何らかの病気が関係している可能性も視野に入れておく事は大切であり、酷い時は医師の診断を受けてみる対策方法も症状の悪化を防ぐポイントです。

ふくらはぎ痩せ