太股ダイエット効果があるスクワット法

体重を落とす方法はいくらでもあり、簡単です。しかし身体の一部分のみ痩せたいという部分ダイエットは難しいのです。たいてい痩せにくいのは下半身です。
身体の全体重を支えている下半身は脂肪も筋肉も付きやすく取れにくいものです。特に女性は骨盤が歪みやすく冷え性やむくみもあり太りやすいのです。
骨盤のすぐ下の太股はなおさらで、脂肪がつきやすく痩せにくいという部分ダイエットが難しい部位です。
スリムになるためには、まずは正しい姿勢で身体の歪みを取ることが大前提です。そしてスクワットを加えると効果が早く出ます。太股の内側の筋肉が衰えていると太くなりやすいので、内側の筋肉を鍛えるスクワット法が有効です。
続きを読む 太股ダイエット効果があるスクワット法

太ももダイエットのコツ

太ももが太くて細身のパンツをかっこよく着こなせない、足が太いのがコンプレックスで水着を着ることができないという悩みを持った女性は多く、ダイエットをしても太ももだけが痩せなかったり、体型をカバーできる服ばかり選んでしまうものです。
女性であれば細くてスラッと伸びた足は誰でも憧れを持つものです。

女性誌やインターネットでは多くの太ももダイエットが紹介されていますが、どれを試すのが効果的なのか悩んでしまうものです。
太ももダイエットのコツは、やはりスクワットにあります。
スクワットですと自宅でお金をかけずに行うことができますし、テレビを見ながらでも取り組むことが可能です。

特に脚の筋肉はからだの筋肉の中でも大きく、ビッグ3のひとつでもあるので、太ももの筋肉を鍛えることによって脚だけが細くなるのではなく、脂肪燃焼の効果を得ることができるのでおすすめです。
方法は両脚を肩幅の広さに広げて、つま先は少し外に向けますが、これがスタートポジションです。
後ろに椅子が置いてあることをイメージして、ゆっくりと椅子に座るように上体を落としていき、スタートポジションまで戻します。

これを1日20回、3セットを継続して行うことで細くてメリハリのある脚を手に入れることが可能です。

二の腕痩せ

足痩せダイエットの基礎知識

ジーンズをかっこよくはきたい、脚が太いのがコンプレックスで水着を着る自信がないと自分の脚の太さについて悩んでいる人は多く、つい体型をカバーしてくれる服を選んでしまいがちです。
細くてメリハリのある脚は女性なら誰しも憧れを持つものですが、ダイエットをしても脚だけが細くならなかったりすることもあり脚痩せって案外難しいと感じでしまうものです。

ですが脚痩せとダイエットは根本的に別物なので、間違った方法で行っていればいつまで経っても脚は細くならないので、足痩せダイエットの基礎知識をしっかり身に付けて実践することが大切です。
足痩せダイエットの基本は足についたセルライトやむくみを取ることにあります。

特に女性の場合は血行不良によってリンパの流れが悪くなっていることが多いため、食事制限などのダイエットではむくみやセルライトを取りのぞくことは困難です。
これらの老廃物を取り除くためには主にマッサージを行うことが必要となってきます。
リンパの流れが滞ってしまうと老廃物や脂肪が蓄積されて、むくみやセルライトの原因ともなってしまうので適度なマッサージやストレッチを行うことが大切です。
心臓に向かって優しくマッサージすることで代謝機能を高めることができます。

“細く美しい脚にダイエットするには?

自宅でもできる簡単ヒップアップエクササイズ

脂肪がついたお尻や、重力に逆らえずにだらんと垂れてしまったお尻は少しくらいの食事制限や運動だけではなかなか思い通りに脂肪を燃やすことができず、コンプレックスに感じている人も多いものです。
お尻に一度ついてしまった脂肪は、ダイエットをしてもなかなか落とすことができないというのが現実なのです。
しかし、キュッと上がったお尻は女性なら誰でも憧れを持つものでもあり、インターネット上や女性誌などでもヒップアップのエクササイズが紹介されていますが、方法もさまざまなのでどれを試せばよいのか悩む人もいるでしょう。
しかし自宅でもお金をかけず簡単にできて、なおかつお尻の筋肉にピンポイントに効いてヒップアップに効果的なエクササイズがあります。
まず、壁に向かって軽く両手をつきます。
これがスタートポジションになり、そこから左右どちらかの足を後ろに引いていきます。
限界まで足を引いたところで1秒キープしてスタートポジションに戻します。
これが1回となりますが、これを左右ともに20回3セットずつ行います。
足を引くときには地面を蹴り上げるようなイメージで行うこと、また蹴り上げたときに使っている筋肉を意識することで、よりヒップアップの効果が期待できます。

ヒップアップ

太ももやせに効果的な運動方法

多くの女性がすらっと適度に筋肉が着いた筋肉がついた美脚に憧れます。そんな美脚に憧れてダイエットや部分痩せに挑戦した方も多いと思います。そんな美脚を目指す女性を悩ませる最も痩せにくい部分。それが「太もも」です。

一番効果的なのはジムに通ってしっかりと運動をすることですが、家事や育児、仕事に忙しくそんな時間がないという女性がほとんどではないでしょうか。

そこで、太ももやせに効果的な運動方法をご紹介します。それは「ながら運動」です。日々の行動に少し取り入れるだけで、特別に時間を作ることなくいつのまにか太ももやせが実現しています。

 

取り入れ方は様々ですが、通勤時や座るときは膝と膝をぴったりとくっつける。歯磨きの時は中腰までのゆっくりとした動作のスクワットをする。洗い物をするときには、足元に電話帳のような高さのある物を置き、踏み台運動を取り入れるなどです。

特に用意する道具も無く、激しく動いたりすることもないので、マンション住まいの方も取り入れることができます。そして、1日の終わりには湯船に浸かり、リラックスしながら太ももをマッサージすると血流が良くなり、むくみを防ぐことができるので、より効果的です。ながら運動で賢く時間を使って無理なく美脚を目指しましょう。

    太ももダイエット方法

ペットボトルを使った二の腕ダイエッ

ダンベルを持っていないから二の腕ダイエットはできないと、諦めてる方がおられるかもしれません。
しかし、ダンベルがなくても二の腕ダイエットはできます。
例えば、ペットボトルを使えばそれをダンベル代わりにすることができます。
もともとダンベルを使った方法は、上手くやれば二の腕ダイエット即効が可能となりますが、それをペットボトルで行うことができるのです。
方法はとっても簡単です。
ご自宅にある飲みほした空の500mlのペットボトルを2本用意して、それぞれに水道水を入れて満タンにし、ダンベル代わりとします。
あとはそれをダンベルだと思って、ひじを屈伸したり、高く持ち上げたりしながら、二の腕に刺激を与えていきます。
これでダンベルと同じ効果が得られますし、二の腕ダイエット即効も十分に可能です。
それにわざわざダンベルを購入しなくていいので、経済的にも節約になることでしょう。
あとはマンネリ化しないように、動作に変化をつけるなどの工夫を加えていくことです。
ダンベル運動はとてもシンプルで誰でも始めやすいという利点がある一方で、シンプルなだけに飽きがきやすいというデメリットもありますので、その点だけは注意しておきましょう。

    二の腕ダイエット

お尻痩せに最も効果的な筋トレ

だらんと垂れてしまったお尻や、たっぷり脂肪がついたお尻は少しくらいの食事制限やダイエットをしてもなかなか自分の思うように痩せることができないので、お尻痩せに悩んでいる人もいるでしょう。
特にお尻などの下半身は脂肪が付きやすい部分でもあり、一度付いてしまうとなかなか痩せない部分でもあるので非常に厄介なものといえます。
お尻痩せの方法はインターネットや女性誌などで多く紹介されていますが、方法も多種多様でありどれを試すべきか悩んでいる人も多いでしょう。
お尻を引き締めて余計な脂肪を燃焼させるためには、筋トレが有効なのです。
お尻の筋肉を鍛えることができるスクワットなら、自宅でもテレビを見ながら簡単に行うことが可能です。
スクワットのポイントとしては、肩幅の間隔で両脚を開き、つま先を少し外側に向けます。
背筋を伸ばすことを意識しながら、上体をゆっくり落としていきますが、後ろの椅子に座るようなイメージで行うと効果的です。
上体を落としたら、今度は両脚で地面を押すようなイメージで元の状態へと戻りますが、この時にお尻をキュッと締めるようにするとより効果を期待することができます。
これを1日20回、3セット行うことで引き締まったお尻を手に入れることができるのです。

お尻痩せ

足痩せのエクササイズの方法と手順

いまのご自分の足の太さや形にみなさんは満足していらっしゃいますか。
足が太くなってしまう原因のひとつには足の筋力不足があるといわれています。
そこで、スカートやショートパンツをオシャレに着こなしたいのに足が太くてそれができない、そんなお悩みを抱えている方々のために足痩せ、なかでもふくらはぎに効くエクササイズの方法と手順をご紹介させていただきます。
まずは、階段でもどこでもいいので段差になっているようなところで足をまっすぐにして、つま先だちで立ちます。
それを20秒つづけたら10秒休んで、これを3回くりかえします。
次に同じ姿勢でかかとをそろえて、つま先だけ開いてつま先だちで立ちます。
それを20秒つづけ10秒休むをまた3回くりかえします。
最後に、つま先を揃えてかかとを開きその格好で、つま先立ちを20秒つづけます。
それから10秒休んだあとに、これを3回くりかえします。
以上が足痩せで、ふくらはぎに効くエクササイズの方法と手順です。
ご紹介したストレッチは、ふくらはぎの固くなった部位をほぐして体の疲れを取り、代謝をアップさせる効率的な方法です。
ストレッチは短期間で効果が出るものではないので、少しの時間でいいので毎日継続し取り組むことが何より大切でしょう。

    足を細くする方法

短期間で効果を発揮する下半身ダイエット方法

遺伝や生活習慣などもあり、体型というのはなかなか改善するのが難しいものです。日頃からバランスの取れた食事をしたり、十分な睡眠や適度な運動というのは大切なものですが、短期間ですぐに効果のあるダイエット方法として、下半身太り解消に適したものをご紹介しましょう。
これはどこでもやりやすいストレッチですが、いくつかの種類があります。空き時間などにやってみるといいでしょう。まずは、座った状態でできるものですが、両足をそろえて座り、両足に電話帳などの厚い本を挟んで、その状態をキープします。そうすることで、下半身を鍛えることができるのです。
次に立った状態で行うものですが、片足を足首を曲げたまま斜め後ろにひねって伸ばすということを20秒ほど行います。片足ずつやっていくのですが、こういった方法でO脚が治ったりすることもあり、さらに身長も伸びることもあります。
また、自宅で仰向けになった状態で、足を立てて腰を上げてそのまま数秒浮かせるストレッチや足をパカパカ閉じたり開いたりするのを続けてみたりするのもいいでしょう。
こういった下半身ダイエットを続けていくことで、短期間で効果を発揮できることができるでしょう。贅肉が筋肉に変わっていくのです。

    ダイエットサプリランキング

立ち仕事の人におすすめの下半身ダイエット法

立ち仕事をしていると、どうしても足がむくんでしまい、下半身が太りやすくなってしまいます。アパレルや飲食店などの接客業は、休憩時間まで立っぱなしということも少なくなく、血液がどんどん下に下がり、足がうっ血してむくみを引き起こしてしまいます。そんな立ち仕事をする人におすすめの下半身ダイエット法とは、どんなものがあるのでしょう。
一番手軽に行える方法としては、立ち仕事中に行うエクササイズです。
一つ目は、左足をまげて重心をかけ、両手を左足の膝にのせて、右足をべったりと床につけたまま、さらに重心をかけます。そのままの姿勢を10秒保ったら、反対側の足で同じ動きを行います。血の巡りが良くなり、下半身に老廃物が溜まりにくい体作りが行えます。
二つ目は、足を肩幅に開き、かかとを上げ下げします。かかとを上げる時に息を吸い、下げる時に吐き出すという呼吸法も大切です。ヒップアップ効果があり、続けることによってキュッと引き締まった小尻を手に入れることができます。
このように、とても簡単なエクササイズなので、立ち仕事の待機時間に行えます。これらのエクササイズと共に、食事のバランスや生活習慣の見直しを行うと、より効果的なダイエットが実現できます。

    中年太り ダイエット